FC2ブログ
HOME   »  らぶらぶロッキー  »  仲間が虹の橋へ旅立った。

仲間が虹の橋へ旅立った。

いつもの土曜日、いつものようにドッグ・ランに遊びに行ったら、仲間が虹の橋を渡ったことを知りました。

12歳で病気もありましたが、お薬で治療しながら、元気にドッグ・ランに遊びに来ていました。

ついこの間会ったばかりだったこともあり、大変驚きました。

朝起きたら、こっそり虹の橋を渡っちゃっていたのだそうです。

サモエドのふぅちゃんは、私も母も大好きな可愛らしいわんこです。

昔の記事にあるとおり、とっても大きなサモエドですが、最初に会ったサモエドがふぅちゃんだったので、サモエドの標準サイズはふぅちゃんだと思っていたものです。

スピッツのサイズを知らずに普通サイズのサモエドに会っていたら、スピッツだと思っていたに違いない(;'∀')

随分前、ラブラな毎日のあやっちさんの記事で、サモエドのお話がありました。

サモエドは人の心を読めるわんこ、というお話しです。

それだけ、人に寄り添ってくれる心優しいわんこなのでしょう。

ふぅちゃんのつぶらで優しいお目目を見る度、そのことを思い出していました。

ロッキーも7歳、仲間たちも年齢を重ねて、お別れがあることも分かっていますが、やっぱり凄く寂しいなあ・・・。

いつもニコニコしながら、大きな体なのにお上品なステップでご挨拶に来てくれたふぅちゃんの姿が忘れられません。

どうか虹の橋で、ゆっくり休んでくださいね。

ふぅちゃんママの涙雨が止むのを、少しだけ待ってあげてね。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

ビビりのロッキーはいつも逃げ回っていたの。

いつもごめんね、ふぅちゃん。
スポンサーサイト
Comment
ふぅちゃん 可愛らしい子でしたね・・・・

ふぅちゃんママの悲しい気持ちが いつか楽しかった思い出で いっぱいになりますように!
遠く栃木からも ふぅちゃんのために祈ってます。

あっ! 小雪と会えたかな~

Re: あやっちさんへ
本当にかわいらしいわんこでした。
真っ白でもっふもふで、お目目が真っ黒でつぶらなんですよね。
いつもニコニコしていて、大きな体をハグすると存在感があって幸せな気持ちにしてくれる子でした。
私でも寂しいのですから、ママの悲しみは想像以上でしょうね・・・。
きっと、小雪ちゃんと会えましたよね^^
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぴょんこ

Author:ぴょんこ
2008年8月1日生まれのラブ、ロッキーです。
マイペースでおっちょこちょいなロッキーとぴょんこが、北の国からお送りします。

最新記事
最新コメント
いつもありがとう
カテゴリー+月別アーカイブ