FC2ブログ

タイトル画像

ロッキーの肝臓事情。

2014.08.31(22:43) 632

本日は北海道マラソンが開催されました

札幌、大変良いお天気です

ご近所の公園にお出かけして来ました。


DSC_0040.jpg

日差しは強いものの、カラッとした爽やかお天気。

グラウンドのフェンスには、トンボも止まって秋めいてきました。

DSC_000001_20140831191115870.jpg


木陰ででややしばらくまったり^^

DSC_000027_20140831191156364.jpg

日向は直射日光がきついけど、木陰に入ると涼しい風が吹いてきて、眠くなってくるくらい居心地が良かったです♪

DSC_000048.jpg


ところで、昨日はロッキーの再診日でした。

肝臓の薬をストップして概ね1ヶ月経ったので、尿検査と血液検査をお願いしてきました。

尿検査、異常なし。

体重、26.3キロ。

ちょっと増えました(^^;

結構、スイカとか梨を食べていたもんね~

せんせいには内緒です(;'∀')

肝臓GPTは105と上がっていました。

正常値は、17~78です。

う~ん、と思ったのですが、獣医さんは予測の範囲内だったようです。

1歳前にレントゲンを撮ってもらった時、ロッキーは肝臓が小さ目と指摘されています。

肝臓数値の上昇は、肝臓が小さいことから来ているのだろうとのことでした。

エコーもかけましたし、血液の他の成分も異常なし。

薬をストップして数値が上昇したことで、はっきり傾向が見えてきたとの所見です。

今後、3ヶ月程度を目安に血液検査を行うことにしました。

お薬はこのままストップ。

ニチファーゲンは、抗生物質や炎症止めと違うので、血液検査なしでも出していただけるとのことでした。

思えば、去年のフィラリア予防薬の事前検査のついでに詳細な血液検査をお願いしたことが、肝臓数値の上昇に気づいたきったけでした。

その血液検査を思い立った理由が、朝、家族が起きてきても寝ているというものでした。

それ以前と今は、家族が起きると、「お散歩に行くよ~♪」って元気に起きて来るのですね。

年齢のせいかとも思ったのですが、何だか疲れてる?という感じだったのです。

ですから、今後もこのような疲労傾向が出た場合には3ヶ月を待たずにお薬をお願いしようと思っています。

DSC_000033_20140831190935425.jpg

持って生まれた肝臓は小さいけど、気を付けて元気に長生きしてもらいたいと思っています^^

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

ロッキー自身には、変なものを拾って食わないように気を付けていただきたいと思っています(;^ω^)




スポンサーサイト





ぴょんことロッキーの平和で騒々しい日常茶飯事


<<君は私のパートナー。 | ホームへ | 「もう一度読みたい 教科書の泣ける名作」を読んで、拳を握る。>>
コメント
生まれつき、肝臓がちいさい・・・
その影響で、数値が高い・・・
きちんと調べると、そういうことまでわかるのですね。

竜之介はレントゲンの経験がありません。
血液の細かい検査も、先代まではやっていたのですが・・・

大型犬は、5歳でシニアですものね~
来年あたりから、細かい検査もしていただこうかな~・・・

26,3kg・・・いいなあ~・・・
40kg超えると、もう、持ちあがらないですよ~!
Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン
【2014/09/01 02:10】 | りおん♪ #szTeXD76 | [edit]
そっかぁ 肝臓の数値少しあがちゃったんだね

話したことあるかなぁ~~
実はももじろうも 2カ月に一回の血液検査で
肝臓の数値を調べているのよ

お互い、定期的な検査で 
肝臓君と仲良くしていきましょうね

ロッキーの肝臓さん
小さな体でもいっぱいがんばってね!
【2014/09/01 09:41】 | もも母 #- | [edit]
りんごも肝臓が小さいって言われてました。
やっぱり 数値が高かったな~

それでも ぴょんこさんが言うように病院で定期的に検査して気を配ってあげれば きっと大丈夫^^

毎日 健やかでいてほしいですね。 
【2014/09/02 20:46】 | あやっち #- | [edit]
ロッキーの行ってる病院の先生、なんだかよいですね。
きちんと自分の考えていることを話してくれてロッキーにとっての数値の許容範囲をちゃんと考えてくれてる。
一般的な許容範囲で話されても困るから、きっとちゃんと『ロッキー』と向き合ってくれてる気がするね。

うん、少しの変化も見逃さない飼い主でいたいですね。
そしてロッキーよ・・・拾い食いやめれ(笑)
【2014/09/05 17:09】 | みけハルまま #- | [edit]
ロッキーは、鳥骨丸飲み事件のときのレントゲンで肝臓が小さいことが分かったんです(^^;
1歳前の頃ですかね~。
去年、5歳になったこともあり、お疲れ気味の様子もあったので、詳細な血液検査をお願いしたんですよ。
針をさすのはなるべく少ないにこしたことはないので、フィラリア検査のついででした。
小さいころから診てくれている獣医さんなので、ロッキーの体は私よりわかっているかも。
でも、日常生活の異変を察知するのは、やっぱり家族しかできないですよね。

竜之介くん、40キローーー(;゚Д゚)
小柄な女性くらいの体重ですね!
それは、火事場のくそ力でもないと持ち上げられませんね^^
【2014/09/06 23:18】 | ぴょんこ #- | [edit]
結構、肝臓数値が高いわんこって多いんですよね。
母の知り合いのところのわんこも、肝臓の薬を飲んでいます。
人間なら、シジミ汁ですかね~(^^;
定期的な健診で、健康を維持してあげたいですね^^
【2014/09/06 23:20】 | ぴょんこ #- | [edit]
人間もそうだけど、一病息災って感じでしょうか。
小さい頃から診ていただいている獣医さんなので、体質もわかっているので助かります。
肝臓が小さくなくても数値が高いコはいるし、獣医さんも、あまり数値ばかりにとらわれてもね・・・っておっしゃっていました。
「でも、僕たち医者が楽観視したらお話にならないので、定期的に診ていきましょう。」と言われているので、そのとおりにいたします^^
ホームドクターって大事です。
【2014/09/06 23:24】 | ぴょんこ #- | [edit]
いいかげんな飼い主にはめちゃくちゃ厳しいせんせいですけどね(^^;
近所の話では、せんせいと合わなくて去って行った飼い主もいると聞いたことがあります。
私も初めて受診したときは、「この犬種は、かわいいだけじゃ飼えませんよ。」って、言われてムッとしたことがあるんです。
まあ、動物の状態で飼い主の生活態度って透けて見えるでしょうから、仔犬を抱えた飼い主に、はじめのうちに釘をさしたんだと思っています。
動物に対しては非常に真摯な姿勢です。
注射のとき、「すみませんね、今日は残念ながら痛いんですよ。」と、ロッキーに丁寧に断ってから治療に入りますよ。
ロッキーも痛いことされた記憶があるので怖いながら、信用しているのか、診察室に嫌がらないで入ります。
結局のところ、飼い主と獣医さんの間に信頼関係があるから、ロッキーも察知して納得しているのかと。

ロッキーね、小さい頃より拾わなくなったけど、食欲と好奇心の塊だから、まだまだ油断出来ません~(;'∀')
【2014/09/06 23:43】 | ぴょんこ #- | [edit]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://pyonnko.blog.fc2.com/tb.php/632-c64e61d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)