FC2ブログ
HOME   »  我が家の出来事。  »  通勤途中に野鳥を保護しました。

通勤途中に野鳥を保護しました。

私の出勤時間は、週に1回程度早番があります。
その日は朝7時には家を出て、いつものバス停より1個先のバス停へ歩きます。
2方向からバスが来るバス停なんです。
今日がその早番だったのですが、バス停まで5メートルって時に弱った野鳥を見つけちまいました
すずめより小さい、グリーンかかった野鳥です。
歩道の真ん中に落ちて動かなかったので、死んでしまっているのかと思ったのですが、通り過ぎてから気になって振り返ると羽が動いた気がします。
風のせいかと思ったものの、にじりよって見てみると生きています。

以下、ぴょんこの心の声劇場。
あら〜?
あ゛ら〜〜〜!!
あ゛〜〜〜っつ(^^ゞ!!
もぉぉぉ〜〜〜〜!!!
君、どうしちゃったのよ〜?
え〜!バスが来た〜〜〜!?
どうする、私!?

《ぴょんこの3択》
?野生動物だから放っておく。強く生きろよベイベ(T_T)/
?とりあえず道の脇に動かして通行人に踏まれないようにして立ち去る。ちくしょ〜、今日もカラスが低空飛行しているぜ(-_-;)
?保護して家に帰る。会社には寝坊して遅刻したと思われるかもネ(^^ゞ




答え。

タイトルどおりの?。
小雨も降っておりまして、このところカラスの襲撃も激しいものですから、タオルハンカチでくるんで自宅に戻りました。
グッバイ、バス(T_T)
会社には本当のことを電話で説明しよう(史上最高に嘘くさいけど)。
家に帰ったら、ロッキー大喜び。
「会社に行くのやめたの〜?うっほほ〜♪」的に(^^ゞ
野鳥は取り急ぎ、手ごろな箱にタオルハンカチごと収納。
家ではロッキーに近づけないようにして、私も手をしっかり洗いました。
どんな雑菌をもっているか分かりませんし、鳥インフルエンザも気になりましたしね。
そんで、会社に電話。
冗談みたいな理由ですが、と前置きして本当のことを言いましたよ
その後、石狩振興局の担当部署へ電話して、野生動物を持ち込める獣医さんを教えてもらい、朝の9時に指定の獣医さんへ持ち込みました。
当初、石狩振興局の係の方は、「2〜3時間様子を見て、羽ばたきを始める様子が見られたら家の外に箱ごと出しておけば飛んでいくと思います。」とアドバイスをしてくれたのですが、私も仕事がありますし、何より母が野生動物は苦手と言うものですから、早めに獣医さんへ持ち込みさせていただくことにしました。(セキセイインコを飼っていたのにねえ。)
獣医さんに行く段取りがついた頃、野鳥は目をパチパチさせて、最初より元気な感じ。
保護してから1時間半くらい経ったので、少し暖まって落ち着いたかな?

メジロかと思い、仏壇にあったデコポンを置いてみたのですが食べる様子はありませんでした。
獣医さんによると、メジロではないとのことでした。
で、結局、何の鳥かは分かりませんでした。
幸い怪我もないとのことで、おそらくガラス戸にでもぶつかったのではないかとのことでした。
数時間後に外へ放されたと思います。
会社には10時頃着きまして、大笑いされました
野生動物なので、保護したことが良かったのかどうか難しいのですが、元気に生きてくれれば良いな〜と思っています。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
誰かに、人間・ぴょんこを試された気がします(^^ゞ
スポンサーサイト



Comment
Trackback
Trackback URL
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ぴょんこ

Author:ぴょんこ
2008年8月1日生まれのラブ、ロッキーです。
マイペースでおっちょこちょいなロッキーとぴょんこが、北の国からお送りします。

最新記事
最新コメント
いつもありがとう
カテゴリー+月別アーカイブ