FC2ブログ
HOME   »  我が家の出来事。
Category | 我が家の出来事。

大きな地震でしたが、無事です。

201897.jpg
(先週土曜日のドッグランにて)

まずは、ロッキーをはじめ、全員無事です。

9月6日の午前3時8分。

地震だと気づいたものの、いつもの震度2か3だと思っていたら大間違いでした。

流石に跳ね起きた夜中の3時台。

大きな揺れが結構長く続き、札幌にある我が家の近辺でも震度5だったようです。

幸い、風呂場のシャンプーが倒れたりしたものの、家屋を含めて物が壊れるような被害はありませんでした。

取りあえず、テレビを付けて情報収集していた矢先、停電。

台風21号の備えで用意していた懐中電灯を頼りにラジオを付けたら、全道的に大停電だというではありませんか。

その後、夜中の3時台から職場の緊急連絡網が回り始め、自宅待機組と行く組に分かれるなど、すっかり目が覚めて朝4時を迎えました。

取りあえず、いつものように朝の散歩がてら辺りの様子を探索。

信号機全滅。

交差点では車がおそるおそる様子を伺いながら右左折を行い、いつ事故が起きてもおかしくない状況に・・・。

急いで会社の様子を見に行かないとならない人々で結構車の数も多かったので、車道を渡るコースはとりませんでした。

いつもお散歩で会う、ロッキーファンの一人であるおじさまに遭遇。

お互い安否確認よーし!!

明るくなってくると、近所のコンビニもスーパーも、携帯会社(スマホの充電待ち)も大行列でした。

熊本地震を見て、非常食を購入していたので、食べ物を求めて行列に並ぶ必要はなく、我が家は水道も止まらなかったのがラッキーでした。

でも、お住まいによっては停電と同時に水道も使えなくなってしまい、給水場所へ行く方も多かったです。

停電についても、その日の夕方に回復。

でも、まだまだ電気が通っていないところも多いので、結局会社も閉鎖。

今日も午前中だけ出て、帰ってきました。

ご近所では、恐怖で吐いていたワンコもいたのですが、うちのロッキーは全然平気で、居間の様子を見に行ったときも尻尾ブンブンでお迎えしてくれました(^ω^)


まだまだ余震も怖いですし、震源に近いところでは大きな被害が続いているようです。
早く復旧しますように。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村



スポンサーサイト



不幸中の超ラッキー。

お久しぶりです。

スポンサー広告が出るくらいブログを放置したのは初めてです(^^;

DSC_000046_20150101144515973.jpg

もうすっかり、こんなに雪が積もりました。

除雪で死にそうになっていますが、マジで死にそうになった人がほかに一人。

ぴょんこ母、11月下旬に胃がんが発覚し、12月に胃袋と胆のうを全摘いたしました。

祖母の初七日から数日後、胃が痛いと言いだしまして、市販の胃腸薬を飲んでも全く効かず・・・。

ぐちぐち文句を言っているくらいなら、さっさと病院に行ってカメラを飲め~い!!と、腹立ち半分で言い渡したのが11月下旬のことです。

胃潰瘍があり精検の結果、胃がん。

親子ともども、が~~~ん!!となりながら、紹介状を持ってガンの専門医へ行ったのが12月2日。

検査に2週間くらいかかるとのことで、冬期間ということもあり、通院ではなく翌日から入院しました。

暮れも押し迫った12月にも関わらず、ベッドが空いていてラッキーでした。

胃の入り口にガンがあったため、全摘することとなりました。(下の方で初期だと半分切除、とか違っていたようです)

CTでははっきりとリンパもはれており、転移の可能性もあるということで、ステージ2か3と言われておりました。

手術後も飲む抗がん剤が必要になるかもしれない、との医師の説明でした。

ネットで検索すると、ステージ3で手術後の5年生存率は50パーセント未満・・・。

ううう(-_-;)

我が家の仏壇に入っている仏様は全員ガンで逝ってしまった人たちです。

せめて一人くらい生きて返せ、と祈る思いで過ごしました。

手術は無事成功、麻酔から覚めるまでを含めて概ね4時間程度かかりました。

切って終わり、というわけではないのが、この病気のいやらしいところです。

が、ぴょんこ母。

悪運が大変強かった。

切った部分を調べた結果、リンパに転移なし。

手術時にお腹の中を洗った水を調べた結果も、がん細胞はなし。

ガンの深さも比較的浅く、ステージ1の初期胃がんだったということが分かりました。(でも、場所が悪かったから、結局全部摘出だったのね)

抗がん剤も不要とのことで、退院し、既に家に帰って来ております(^^;

今後も経過観察で病院には行きますし、食事も気を遣うようになってしまいましたが、今すぐどうのこうのということはなさそうです。

一番とばっちりを食ったのは、ロッキーかもしれません。

DSC_000044.jpg

お預かりの期間も多かったのですが、ようやく落ち着いて来ました。

胃がんは腫瘍マーカーでは出ないそうなので、毎年胃カメラを飲んだ方が良いですよ。

母のガンは5年くらい前に出来たものだろうということでしたが、5年前にカメラを飲んでも分からなかっただろうと言われました。

見つかりにくい胃がん、カメラを毎年飲むことが大事ですね。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

わたくし、2週間で3キロ痩せましたが、もう元に戻ってしまいました(^^;

ご心配いただいた方も多く、大変申し訳ないと思うと同時に、ありがたいことだと痛感しております。

今後も油断はできませんが、末永く、家族みんなで仲良く元気に暮したいものです。

ばーちゃん、家に帰る。

先月末、祖父母のうち最後のばーちゃんが天国へ旅立ちました。

享年94歳。

大往生ですが、春頃には東京オリンピックを見るために100まで生きる、なんて言っておりました。

4月の検査では何ともなかったのに、8月には全身にガンが出来ていました。

高齢だと進行が遅いといいますが、ありゃウソですね。

ばーちゃんは進行性多発ガンでした。

あっと言う間にガンがあちこちに転移し、余命1ヶ月と言われながらも、モルヒネ等の鎮痛剤を使う痛みもなく3ヶ月を生きました。

これまで、2人の家族(人間)をガンで見送りましたが・・・。

本当は何もしない方が生きられるんじゃねーかと、疑惑が生じた3ヶ月でもありました(;'∀')

認知症でホームで暮らし、最期は病院で息を引き取ったばーちゃん。

でも、病院ではしっかりしていて、認知症はどこかに吹っ飛んでいましたよ。

母に看取られ、今は我が家に帰ってきています。

お墓に入れるのは暖かくなってからにしよーか、と打ち合わせをしている、根性なしの家族であります(^^;

DSC_000051_20141112222619cf6.jpg


病院から呼び出しがかかった日、会社からトンボ返りしてロッキーをランに預け、お葬式や初七日もろもろが終わるまで11日間のお泊まりでした。


DSC_000032_201411122226172b8.jpg

泥んこになったらしく、結構、茶ラブっていますが、お元気に帰ってきてくれてホッとしています^^

DSC_000043_20141112222618bff.jpg

女の子を追いかけて遊んでいたっつー情報もあり、ほんにんは結構楽しかったのかもね^^

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

飼い主は、もふもふ禁断症状が出て、ワキワキしていました(;^ω^)

夜中に歌うアヒルの怪。

お盆休みも終りました。
これから残暑ざんすが、連日暑くて、まだまだ真夏ざんしょ
なんていう、キレの悪いジョークしか出てきません。
札幌は今のところ30度止まりですが、41度なんていう場所もあるんですよね。
熱中症にはくれぐれも気をつけましょう。
どうでも良い情報ですが、私は塩入レモン飴で乗り切っておりますヨ
暑いけど、ロッキーも元気です
肝臓のお薬も飲み、ラム肉を食い、スイカもゲットしております。
カメラの充電が切れたという初歩的なミスで、本日のお写真はありませんが、しっかり元気です

ところで、お盆と言えばお茶の間で怪奇特集が盛り上がるシーズンです。
流行に乗って、昨日、我が家でも怪奇現象があったらしいです。
私が寝た後、母の部屋で。
夜中の12時を回った頃の出来事らしいです。(わだすは、ほら、もう寝でだから。)
以下、母の証言をもとに再現フィルム
母が消灯して少し経ったころ、急にありえない音がうつろに鳴り始めました。
それは、オルガンの音に聞こえました。
聞き覚えのあるメロディーです。
賑やかで楽しげだけど、深夜になぜ?
何より、我が家にオルガンはないのです。
驚きつつも、しばらくすると音がやんだので、そのまま眠ることにしました・・・。
母、現実逃避。
が、再び同じメロディーが・・・。
そして、メロディーの最後には、決まりごとのように、必ず同じフレーズが繰り返されました。
・・・。


アフラック♪
アフラック♪
アフラーック♪


親戚がアフラックの代理店をやっているお陰で、我が家には貰いもののアフラックアヒルが一杯あります。
アヒルのボディーを押すとお馴染みのメロディーが鳴って、最後に「アフラック♪」を連呼する、あのアヒルさんです。
ほとんど電池が切れかかっていて、押してもランダムにしか歌わなかったアヒルさん。

よ〜く考えよ〜♪
お金は大事だよ〜♪


そんなことは充分わかっとる。
いやいや、そうじゃない。
今はそういうことじゃない。
何故、夜中に突然やる気を出しておる!?
さすがに、母も帰省中の息子(わだすの弟)を叩き起こしたわけです。
夜中に迷惑千万。
結局、原因不明。
真夜中のアフラックアヒルはその後歌うことなく、無事、翌朝を迎えたのでございます。
じぇじぇ〜!?
全く怖くない。
じぇ!?

今年のお盆は8月6日にお坊さんがお参りに来まして、まだお盆にもなっていない時期に盆提灯を出しました。
クルクル中が回る盆提灯はもともと気まぐれではありますが、微動だにしなかった回転部分が、ナス牛とキュウリ馬を飾った今朝から、クルクル回り始めました。
現世の都合とは言え、さすがに早すぎたのかね。
でもさ、朝の8時半にお坊さんに来られた生身の人間も結構大変だったわけよ。
私なんかスッピンだったし。(まさに怪談)
ご先祖様もどうか、この辺りで手を売ってくだいまし。
ナス牛は大きめにしといたから、一杯おみやげを持って行ってください。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

ブラックスワンじゃなかったの。

通勤途中に野鳥を保護しました。

私の出勤時間は、週に1回程度早番があります。
その日は朝7時には家を出て、いつものバス停より1個先のバス停へ歩きます。
2方向からバスが来るバス停なんです。
今日がその早番だったのですが、バス停まで5メートルって時に弱った野鳥を見つけちまいました
すずめより小さい、グリーンかかった野鳥です。
歩道の真ん中に落ちて動かなかったので、死んでしまっているのかと思ったのですが、通り過ぎてから気になって振り返ると羽が動いた気がします。
風のせいかと思ったものの、にじりよって見てみると生きています。

以下、ぴょんこの心の声劇場。
あら〜?
あ゛ら〜〜〜!!
あ゛〜〜〜っつ(^^ゞ!!
もぉぉぉ〜〜〜〜!!!
君、どうしちゃったのよ〜?
え〜!バスが来た〜〜〜!?
どうする、私!?

《ぴょんこの3択》
?野生動物だから放っておく。強く生きろよベイベ(T_T)/
?とりあえず道の脇に動かして通行人に踏まれないようにして立ち去る。ちくしょ〜、今日もカラスが低空飛行しているぜ(-_-;)
?保護して家に帰る。会社には寝坊して遅刻したと思われるかもネ(^^ゞ




答え。

タイトルどおりの?。
小雨も降っておりまして、このところカラスの襲撃も激しいものですから、タオルハンカチでくるんで自宅に戻りました。
グッバイ、バス(T_T)
会社には本当のことを電話で説明しよう(史上最高に嘘くさいけど)。
家に帰ったら、ロッキー大喜び。
「会社に行くのやめたの〜?うっほほ〜♪」的に(^^ゞ
野鳥は取り急ぎ、手ごろな箱にタオルハンカチごと収納。
家ではロッキーに近づけないようにして、私も手をしっかり洗いました。
どんな雑菌をもっているか分かりませんし、鳥インフルエンザも気になりましたしね。
そんで、会社に電話。
冗談みたいな理由ですが、と前置きして本当のことを言いましたよ
その後、石狩振興局の担当部署へ電話して、野生動物を持ち込める獣医さんを教えてもらい、朝の9時に指定の獣医さんへ持ち込みました。
当初、石狩振興局の係の方は、「2〜3時間様子を見て、羽ばたきを始める様子が見られたら家の外に箱ごと出しておけば飛んでいくと思います。」とアドバイスをしてくれたのですが、私も仕事がありますし、何より母が野生動物は苦手と言うものですから、早めに獣医さんへ持ち込みさせていただくことにしました。(セキセイインコを飼っていたのにねえ。)
獣医さんに行く段取りがついた頃、野鳥は目をパチパチさせて、最初より元気な感じ。
保護してから1時間半くらい経ったので、少し暖まって落ち着いたかな?

メジロかと思い、仏壇にあったデコポンを置いてみたのですが食べる様子はありませんでした。
獣医さんによると、メジロではないとのことでした。
で、結局、何の鳥かは分かりませんでした。
幸い怪我もないとのことで、おそらくガラス戸にでもぶつかったのではないかとのことでした。
数時間後に外へ放されたと思います。
会社には10時頃着きまして、大笑いされました
野生動物なので、保護したことが良かったのかどうか難しいのですが、元気に生きてくれれば良いな〜と思っています。
にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
誰かに、人間・ぴょんこを試された気がします(^^ゞ
プロフィール

ぴょんこ

Author:ぴょんこ
2008年8月1日生まれのラブ、ロッキーです。
マイペースでおっちょこちょいなロッキーとぴょんこが、北の国からお送りします。

最新記事
最新コメント
いつもありがとう
カテゴリー+月別アーカイブ