FC2ブログ
HOME   »  病気・健康診断(皮膚トラブル以外)
Category | 病気・健康診断(皮膚トラブル以外)

エコー検査その2

お久しぶりの更新です。

インターネットの工事で、しばらくPC使用不可になっていましたが、やっと終わり快適な環境となりました♪

6月29日に、2回目のエコー検査を行ってきたロッキー君。

前回の検査で、何だかちょっともやもやしたのが肝臓付近に写ってるかも・・・ということで2ヶ月のスパンを経ての再検査でした。

無事、無罪放免^^

もやもやしたものも写りませんでした。

肝臓、腎臓、膀胱、胆のう、脾臓に副腎、そのほかもろもろ全部見てもらいましたが、異常なし。

また、お腹の毛を剃られてしまいましたが、今後は毎年の血液検査の後にエコーが良いね、と打ち合わせてきました。

まだ、PHコントロールのフードを使用中ですが、今月末あたりに尿検査して、異常がなければ少しずつ戻してみようということに。

20190715.jpg

来月で11歳となります。

どんどん歳をとっていきます。

お顔や体にイボもできます。

足腰も弱くなってきます。

白内障も出てきました。

でも、元気ね~!とご近所さんに言われて、ハッピー。

ぴょんこの世界一のアイラブユー💓

健康に気を付けて、美味しいものもまだまだ食べようね^^


にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

最近のブームは、水分補給のためのヤギミルクです♪


スポンサーサイト



ストラバイト

かつてないほど雪が少なく、あまりに穏やか天気で気味が悪い(;'∀')

うちの前の道路はアスファルトが乾いています。

雪解け時期は足元が汚いのですが、いっそ融けるならこのままあっさり春が来てほしい。

DSC_0128.jpg

ところで、過去にも一度出たストラバイトがまたまた検出されました。

ダイヤモンドダストのような奇麗な結晶。

でも、不要な結晶(-_-;)

以前は飲み水と排泄回数を増やして解消したのですが、今回はしつこいので療養食となりました。

膀胱のエコーをかけて、石も腫瘍も見つからなかったので、今のうちに解消しちまいましょうというのが獣医さんの見解。

フードを変えるのは勇気が必要なのですが、治療ならば仕方ない。

ヒルズとロイヤルカナンの試供品を比べて、違和感が少なかったロイヤルカナンで様子を見ます。

そしてどうしても水を飲む量が少ないので、フードをふやかすお湯の量を多くし、ヤギミルクの薄っすーいのを一日一回増やしました。

騙されてもいいや、とヘルスウォーターボウルも購入しまして、どんだけ貢いでるんだ自分、って状態です(笑)。

ヤギミルクは驚くほどの飲みっぷり。

ボウル一杯を完飲。

人間の真夏のビール並みの飲みっぷりでビビリました(^^;

DSCPDC_0003_BURST20190302191958032_COVER.jpg

イボもできるし、脂肪の塊もあるし、ストラバイトは出るし、ため息が出ますが、獣医さんに、今まで大きな病気もなく、アトピー肌のコントロールも順調で、ステロイドも1回しか使用したことがない。
いざという時の切り札はまだあるし、順調な方だと言われ、シニア犬ってこんなものかと、気持ちを大らかに持たないと、心がもたないな~と改めて感じた1週間でした。

フードを病院に買いに行って待っている間、大きくて綺麗なわんこが来院。

3日前に毛糸の手袋飲んじまった・・・ってどことかで聞いた話だな、オイ(^^;

看護師さんにお話しをされて数十秒後。

診察室の扉がスタ―――ン!と開き、「おうちで山ほどフードを食べさせてからすぐ来てください。催吐処置をします。」

あああ、それもどっかで聞いた話。

ロッキーの場合、前科2犯。

1回目は即日だったので、病院で山盛りウエットフード3缶を食べさせてもらい、その後の催吐処置で無事に出た。

2回目は預け先での出来事で数日開いてしまったため、処置しても吐けず、あわや切腹まで行ったものの、手術前の絶食が効いたのか、手術当日の朝に自力で吐いてセーフ。あと1時間で病院というタイミングだった。

今回のわんこのシチュエーションは我が家の2回目に近い。

無事に出てくれたなら良いけれど・・・。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

催吐処置って、吐く薬は即効性なのだけど、吐き止めは効き目が遅くて可愛そうなんだよね・・・。

出直してきた飼い主さんに、うちもやったんです、毛糸の手袋・・・、とお話ししたら、夢のように山盛りフードを食べてきましたと苦笑い。

わんこには、頑張れよと声をかけてなでなでして帰宅しました。

我が家は早く結晶が消えますように。

細胞診と恐怖の・・・。

台風24号が近づいておりますが、今日はとても良いお天気。

北海道は月曜の朝がどうなっているか気になるところです。

もう、本当に災害はいりません。

そんな今日この頃、ロッキーは先週の土曜日に細胞診を受けました。

DSC_0073.jpg

向かって左前足。

1ヶ月くらい前に、前足の甲が膨らんでいるような気がしたので様子を見ていたのですが、小さくなっている気もしつつ、やっぱりまだ膨らんでいるので、レントゲン&毛刈りの上で穿刺。

手の甲って、多分とても神経が敏感なところ。

以前、お腹にできた脂肪種の細胞診は平気だったのに、今回はさすがにキャイーン!となってしまいました(T_T)

針を刺したので、抗生物質の注射を打って結果待ち。

レントゲンでは異常なく、心配していた骨肉腫といった病気ではなさそうとのこと。

細胞診の結果には数日かかり、9月20日の木曜日に電話で確認。

ガン細胞はないけれど、好酸球の値が高いので経過観察となりました。

痛い・痒い、歩き方がおかしい、といった症状はないものの、1週間毎に診せてくださいと言われました。

本日はその診察日。

1週間前より膨らみが小さくなっているので、投薬せずにまた1週間後の診察となりました。

本当は飲む抗生物質を使いたいところだけど、ロッキーはお腹が弱いので、投薬せずの経過観察です。

完全に無罪放免ではないものの、本犬いたって元気なので、お天気も良く、ルンルン♪で帰宅したのが午後6時でした。

ですが。

恐怖は別の顔をして訪れたのです・・・。

志村動物園を見終わって、ロッキーの耳掃除をしていた時のこと。(鈴木さん、辞めちゃったんだ~。)

お耳のひらひらに、黒いもの。

血豆?

血豆ですか???

いえ、何だか足があるような・・・?

いや~~~~( ;∀;)

マ・ダ・ニーーーーーーーーーーー!!

まだ血を吸って間もないらしく、恐怖の小豆形態には進化していませんが、これはマダニ。

マダニは怖い。

何より、気持ち悪い(゚Д゚;)

夜間で診療時間外でしたが、獣医さんの携帯に電話。

2回電話しても、誰も出んわ(T🔽T)

外出されていたら、明日までこのまま。

でも、日ごろ獣医さんに言われていた、『電話に出なくても、緊急時は家のピンポンしてください。』

の一言を信じて、車でダッシュ🚀

マダニが緊急時かどうかは、この際、100万光年の彼方に放り投げました。

だって、気持ち悪いんだもの。

で、いらっしゃいました。

そんで、ちゃんと取ってくださいました。

ライム病等も怖いということで、抗生物質の注射も打ってくれました。

電話に気が付かないですみません、っておっしゃっていただいて、恐縮しながら帰宅した次第です(-_-;)

何より、夜間なのに対応してくれて助かりました。

これまでマダニに噛まれたことはなかったのですが、ここ数年で増えているようで、その辺の草むらでも結構いるようです。

病院三昧で、どっと疲れたここ1週間の出来事でした。

大変だけど、ロッキー的には冬が待ち遠しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村


ついでに、とうとう白内障初期と診断されて、目薬もはじめました(-_-;)














夏の終わりの健康診断。

北海道マラソンが開催された秋空。

日中はまだまだ暑いですが、空や風はもう秋。

朝晩は随分涼しくなり、夜、暗くなる時間も早くなってきました。

夏の終わりは、ホッとする反面、何だか寂しいものです。

さて、5月の血液検査で肝臓数値が上がっていたので、3ヶ月ほど経過した昨日、2回目の採血検査をしてきました。

中性脂肪は高めでしたが(;'∀')、心配していた肝臓数値は下がっていました。

下がっていたとしても、まだ上限値をちょびっと超えている状態ですが、炎症反応もなくなっていたので、心配ないとのことでした。

前回の検査で、5月は混合ワクチンと狂犬病予防接種を打って間もない時期のため、肝臓に負担がかかっていた時期なのではないか?との疑問があったので、思い切って獣医んさんに聞いてみました。

いつも、フィラリア検査の採血時に詳細検査もお願いしていたのですが、2月は混合ワクチン、4月は狂犬病予防接種と注射が続く時期です。

そして、5月の検査数値はいつも良くありません。

数年分の数値を見直して、可能性はある、との回答でした。

薬剤で体に負担がかかる体質かもしれないので、今後、年齢と体調を考えて考慮していくことが選択肢に入りました。

肝臓、小さめだしね。

来年は10歳の大台。

20170827.jpg

(みんなひっくり返って、平和なの~♪)

ずっと元気でいてほしいものです^^

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村

血液検査の結果。

平成28年5月14日、フィラリア予防薬処方前の血液検査で、肝臓数値がぐぐっと上がっていたロッキー。

GPT:212(正常値は17~78U/l)

GOT:56(正常値は17~44U/l)

特にGPTはしばらく200を超えたことが無かったので、獣医さんも「んん?」って感じでした。

ロッキーは肝臓が小さいので、肝臓に負担がかかるとテキメンに数値に現れます。

肝臓に負担がかかるので、抗生物質も滅多に使いません。(去年、しかたなく処方された後、やっぱり数値が高い状態が続きました。)

肝機能回復のため、獣医さんからお散歩を控えめにして体を休めるよう言われて1ヶ月。

この度の肝臓数値、GPT72、GOT40。

正常に戻りました

DSC_0291.jpg

レッドクローバー大好きなミツバチ・ロッキー君

もうひとつ、ALB(アルブミン)という肝臓で作られるタンパク質の数値もありまして、こちらも2.9だったのが3.2に上がり、良い結果とのことでした。(正常値は2.6~4.0g/dl)

ALBは敏感に反応する数値なので、獣医さんではこの数値にも注意しているそうです。

尿検査もばっちり、PHも正常値、ストルバイトも出ていません^^

DSC_0295.jpg

前回、お腹をちょこっと壊していたのが影響していたのかもしれません・・・。

DSC_0299.jpg

血液検査はその日の体調にも影響されるので、1~2回の検査で即断出来ないところが要注意。

ロッキーの場合、同じ病院で1~3ヶ月、長くて6ヶ月のスパンで定期的に検査を受けているのと、炎症反応も出ていないので、今までの経過から見てガン等の大きな病気の心配はないでしょう、とのことでした。

これから夏

わんこには暑さ厳しい季節が到来します。
(北海道の夏本番はこれからさ~。)

今年で8歳になるので、決して若者ではありません。

無理をしないで、ロッキー・ペースを守って気持ちよく過ごせるよう、気を付けていこうと思います。



本日、何やら怪しい音が聞こえると思っていたら、頭上を飛行船が飛んでいました。

実物はもっと大きく見えたのですが、カメラを通すとなぜ小さくなるのでしょう~~~?

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
プロフィール

ぴょんこ

Author:ぴょんこ
2008年8月1日生まれのラブ、ロッキーです。
マイペースでおっちょこちょいなロッキーとぴょんこが、北の国からお送りします。

最新記事
最新コメント
いつもありがとう
カテゴリー+月別アーカイブ